サウスアメリカ(南米) 世界遺産

ギアナ高地は「失われた世界」なのか?/ ベネズエラ

投稿日:05/05/2017 更新日:

南米北東部、カリブ海に接したベネズエラ 

アクセスに手間と時間がかかり、治安がお世辞にも良くありません。

訪れる勇気と冒険心を持った方だけにオススメします。 

あなたが手間・ヒマをかけて、リスクを負った分、日常では感じることのない驚きと感動を保証します。

ギアナ高地は世界最後の秘境!

ギアナ高地は日本の1.5倍も広い高地帯であり、シャーロック・ホームズの作者コナン・ドイルの「失われた世界(THE LOST WORLD)」の舞台ともなりました。 

そこ(別名:ギアナ楯状地)は南米大陸北東部の6ヶ国にまたがり、17億年ほど前の先カンブリア時代に形成されました。 その中央にあるカナイマ国立公園世界遺産にもなっており、面積約3万㎢で、日本の中国地方とほぼ同じ大きさ。 

地質学的には、かつては1つだったゴンドワナ大陸プレートテクトニクスで、長い年月をかけて次第に分裂し、現在の大陸の姿になったのだそうです。 

「ゴンドワナ大陸」、「プレートテクトニクス」とか、今は高校の地学で軽く触れるのかもしれません。ちなみに、私は大学生になってようやく一般教養で学び、この「大陸移動説」には大きな衝撃を受けた記憶があります。

なお、ギアナ高地は大陸移動の回転軸にあたり、ゴンドワナ大陸移動時からほとんど移動していないのだそうです。 そのため、地球太古の記憶を今に留めていて、まさしく、太古の地球が作りあげたロマンと言えるでしょう。

世界一の落差~エンジェルフォール!

ギアナ高地には、ほぼ垂直に切り立ったテーブルマウンテンが100以上も存在すると言われています。

数あるテーブルマウンテンの中でも、標高約2,560mのアウヤン・テプイ(先住民の言葉で悪魔の山)には、落差979mもの世界最長の瀑布(滝)エンジェルフォールがあります。

確かに、滝は1つしかありませんが、落差があまりにも大きすぎるのです。断崖の縁から落ちる水流は地表に落ちるまでに霧状に。もちろん、滝直下の地表には滝つぼなんて存在しません。想像をはるかに超えるスケールでの大自然を前にすると、言葉なんか無意味で出てこないものなんですね。

さて、その名の由来は、angel(妖精)とは無関係で、1936年、機上から偶然この滝を発見したアメリカの冒険家ジミー・エンジェルの名にちなんでいるのだそうです。 

ちなみに、遊覧飛行や滝の下のライメ展望台まで行くパッケージツアーなどもあります。うまく利用して、ぜひエンジェルフォールのド迫力の光景を堪能して下さい。

独自の生態系!

ほぼ垂直の絶壁で隔絶されたテーブルマウンテンの上部は、まさに陸の孤島。

岩だらけの世界で生物は独自の進化を遂げ、原始的なカエルや食虫植物など、多くの固有種が特異な生態系を形作っています。発見された生物の80%近くは固有種とも。異種が多い鳥類や昆虫類は、今も全容解明に至っていません。

また、テーブルマウンテンの1つ、サリサリニャーマには8つの大穴が空いていて、最大のものは直径・深さとも350mもあるんだとか・・・

ギアナ高地には世界最後の秘境が広がっています。

なお、ギアナ高地のベストシーズンは目的によって違ってきます。12月~4月が乾季、雨季は6月~11月です。

・遊覧飛行目的:乾季(12月~4月)

・エンジェルフォール目的:雨季(6月~11月)

雨が降らないと、どうしてもエンジェルフォールの迫力が落ちてしまいます。

訪れる目的はさまざまでしょうが、ご自身にあった時期に出かけてみてはいかがでしょうか。

ギアナ高地へのアクセス

日本から南米への直行便はないため、いったんアメリカ(アトランタ/ マイアミ等)を経由し、ベネズエラの首都カラカスのシモン・ボリバル空港へ。

さらに、そこからプエルト・オルダスかシウダー・ボリーバルまで飛行機で移動。

できれば、現地のツアーへの参加をオススメします。

なお、移動時間はほぼ24時間。





-サウスアメリカ(南米), 世界遺産
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紫禁城はラスト・エンペラーの世界!/ 中国

紫禁城~中華世界の中心! 北京の紫禁城(現在は故宮博物院)。 明・清と続く中国の皇帝の富と権力がどれほどのものであったのかを現世に伝える貴重な文化遺産です。 紫禁城は明の永楽帝が1406年から14年の …

ヴェルサイユ宮殿がフランス革命の種をまく!/ フランス

世界で最も華麗なフランスの誇り! フランスの観光名所 ヴェルサイユ宮殿。 華やかで贅の限りを尽くした宮廷生活の名残を一目見ようと、世界中から訪れる観光客は年間約600万人にも上るのだとか。 ルイ14世 …

かつてあったイスラムの香りをたどる旅!/ スペイン

アルハンブラ宮殿(グラナダ)~イスラム建築の最高峰! スペインは言わずと知れたカトリック大国ですが、8世紀からの800年ほど、イスラム教徒に支配されていた歴史があります。スペインを代表する世界遺産アル …

秦の始皇帝の歴史ロマンをたどる!/ 中国

万里の長城~他民族侵入を阻止する砦! 「行ってみたい世界遺産」のアンケートで、必ず上位にランキングされる万里の長城。 いわば、中国広しといえども、最大の名所なのです。 もちろん、世界文化遺産にも登録さ …

サマルカンド・ブルーにうっとり!/ ウズベキスタン

  東西の文化をつなぐサマルカンド! 「サマル」は”人々が出会う”、「カンド」は”街”。 ウズベキスタン東部のサマルカンドは世界の文化が出会う交差点として、2001年に世界遺産に登録されました。 この …