ノースアメリカ(北米) 世界遺産

グランド・キャニオンで20億年の歴史を感じる!/ アメリカ

投稿日:08/05/2017 更新日:

大地に刻まれた歴史を感じる!

アメリカ、華やかな人工都市ラスベガスの近郊。

グランド・キャニオン国立公園はコロラド川の流れが十数億年という長い年月をかけて作りだした大峡谷。世界で最も多くの化石が発見された貴重な場所でもあるのです。

まさか、ラスベガスのほんの鼻の先に、こんなにも大規模なスケールの自然が残されているとは・・・。もちろん、世界遺産にも登録されていて、全世界から年間約400万人もの観光客が訪れるという。

グランド・キャニオン国立公園の全長は約450km。最大幅約30km、断崖の最深部は約1.8km(平均でも1.2km)にわたって切れ込んでいます。

地質学的には、グランド・キャニオンは約7000万年前の地殻変動で地盤が隆起したことから始まるそうで、その後、約4000万年前にはコロラド川がコロラド高原を浸食することによってこの割れ目のような地形が造りだされたと言われています。現在のような峡谷になったのは約200万年前で、今もなお浸食は続いているそうです。

なお、断崖表面の横に入った線は地層で、年代毎の様子を示していて、最も古いので約20億年前まで遡ることができると言われています。

そう!地球の歴史がここに刻まれている!

地球の大地は本当に気の遠くなるような期間に渡って、隆起と沈降を繰り返しながら歴史を紡いできたことを考えると、何だか言葉を失います。

また、約4000年前からネイティブ・アメリカンの人々が暮らしていたそうで、グランド・キャニオンの淵に立ち、深く刻まれた谷底を見下ろすと、我々人類さえちっぽけで、取るにたらない存在のような気がしました。

観光はサウスリムで・・・

なお、グランド・キャニオンには、川を挟んでノースリムサウスリムがあります。

ノースリムは標高が2500mほどで、積雪のため冬期は閉鎖されたり、宿泊施設が1件しかないなど、ハード面が未整備。一方、オススメなのは空港から近く、標高が2000mほどのサウスリム

ビューポイントが豊富で、リムトレイルも整備されているため、さまざまな角度から大自然の芸術を鑑賞することができます。中でも、岸壁からU字型に張り出した展望台、しかも床がガラス張りで、谷底が見下ろせるスカイウォークは必見。

足元に広がる1200m下の谷底を一望すると、コロラド川が谷底をゆっくりと蛇行しなが流れています。未だに、グランド・キャニオンがこの川の浸食作用によって作られたことがなかなか信じられません。

また、季節や時間帯により、刻々と色彩を変えるグランド・キャニオンは見飽きることがありません。

グランド・キャニオンにはアクティビティも充実しています。峡谷を歩いて回ったり、セスナで上空から景色を眺めたり。ぜひ、トライしてください。時間に余裕があれば、この雄大なロケーションに数日間は身を置いて、地球の大地の奥深さを感じてください。

せっかくグランド・キャニオンを訪れたのだから・・・

とてつもないスケールの大自然を満喫できるグランド・キャニオン。

しかし、せっかくここまで来たのですし、もう少し足を延ばして、「グランド・サークル」(アンテロープキャニオン/ モニュメントバレー等)を周遊するのはいかがでしょうか?

なお、グランド・キャニオンから車で約2~4時間程度で行くことができます。

この旅がさらに思い出深くなり、きっと一生ものの体験と感動があるはずです。

グランド・キャニオン国立公園へのアクセス

主に成田、羽田、関西空港からロサンジェルスやサンフランシスコまでの直行便(ANA/ JAL/ 米国系航空会社)があり、そこを経由してラスベガスまで最速約13時間のフライト。

ラスベガスなどから各運行会社が運行しており、約1時間で到着。





-ノースアメリカ(北米), 世界遺産
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イグアスの滝は何もかもがド迫力!/ アルゼンチン・ブラジル

イグアスの滝~世界最大で見るものを威圧! ブラジルとアルゼンチンの両国にまたがるイグアス国立公園。 そう、ここには世界三大瀑布として有名なイグアスの滝があります。なお、”イグアス&#822 …

ミラノと言えば、この3スポット!/ イタリア

十数年前にミラノを訪ねたことがあります。 ミラノといえば、”ミラノ・コレクション=ファッション”の街というイメージでしたが、もちろんそんなことはなく、見どころの多い街でした。そ …

ヴェルサイユ宮殿がフランス革命の種をまく!/ フランス

世界で最も華麗なフランスの誇り! フランスの観光名所 ヴェルサイユ宮殿。 華やかで贅の限りを尽くした宮廷生活の名残を一目見ようと、世界中から訪れる観光客は年間約600万人にも上るのだとか。 ルイ14世 …

クレムリンはまさしくロマノフ朝の象徴!/ ロシア

我々日本人にとって、ロシアは何だかよくわからない国というイメージがあるのではないでしょうか? 日本からのツアーでいきましたが、“モスクワのクレムリンと赤の広場”は、世界遺産にも …

異様だがリトアニアの歴史を刻む十字架の丘!/ リトアニア

  「リトアニア」と聞いて、それがどこにあるかを直ぐに当てられる方は少ないはず。 分からないからと言って、全く悲観する必要はありません。「バルト三国」とまとめて呼ばれているバルト海に面した小 …