サウスアメリカ(南米) 世界遺産

イグアスの滝は何もかもがド迫力!/ アルゼンチン・ブラジル

投稿日:01/06/2017 更新日:

イグアスの滝~世界最大で見るものを威圧!

ブラジルとアルゼンチンの両国にまたがるイグアス国立公園

そう、ここには世界三大瀑布として有名なイグアスの滝があります。なお、”イグアス”は、グアラニー語で“大いなる水”の意味なのだそうです。

スケール・ダイナミズムがケタ違い!

まず、何と言っても、大地を切り裂くようになだれ落ちる茶褐色の滝。

耳をつんざく轟音とともに舞い上がる水煙にあっけにとられます。それは、日本の楚々とした滝のイメージとはずいぶんとかけ離れていて、私が学生時代に何度か行った大阪・箕面の滝など、赤ちゃんのようなもの。

確かに、北米のナイアガラの滝、アフリカのビクトリアの滝と並ぶ世界三大瀑布の1つですが、スケールとダイナミズムの点で他の2つとはケタ違い。「大いなる水」のとおり、滝幅約4.5km・最大落差約82m・水量毎秒65千トンという考えられないほど大量の水を放っています。

ちなみに、ナイアガラの滝はイグアスの滝と比べて、川幅は30%、水量では5%程度にすぎません。ルーズベルト元大統領夫人はイグアスの滝を見て、「かわいそうな私のナイアガラ」と漏らしたとか。

どちら側からもアプローチできる!

イグアスの滝は歩いても、ボートでもヘリコプターからでも観光できます。

また、アルゼンチン側とブラジル側、両方からアプローチができるのです。どちらから見たらいいのか迷いますが、結論から言えば、アルゼンチン側の方が見ごたえ、見どころとも多いようです。

自然の驚異を全身で体感するなら断然アルゼンチン側がオススメ。

遊歩道を伝って展望台へ近づけば、目の前には哮り狂った“悪魔の喉笛”(高さ82m、幅150mのU字型で長さ700m)が口を開けています。その光景、威圧感はすさまじく、すさまじい水しぶきとともに襲いかかります。また、晴れた日には、頭上には美しい虹がかかり、艶やかな蝶が乱舞して、日本では考えられない光景が広がります。

一方、ブラジル側から”悪魔の喉笛”を見ようと思えば、対岸の展望台から見ることになり、その全身で感じるありえない光景を見ることはできません。

しいていえば、ブラジル側は、滝の数は多くないですが、ひとつひとつの滝が大きく、例えば、“水のカーテン”と形容される壮大な滝のパノラマが楽しめ、雨期ともなると大小の滝は200とも300ともなって降り注ぎます。

もし、時間があるのであれば、ぜひ両方からのアプローチを楽しんでください。

ボートツアーでイグアスの滝に突入!

わざわざイグアスまで来たのですから、ぜひ参加してもらいたいのは、ブラジル側から滝に接近するボートツアー

ちょっとは濡れるかも?と思っていましたが、滝が近づくと、視界に入るのは大量の水、水、水。そう、ビショ濡れ。この迫力たるや、すさまじいの一言!

何度も滝の中へチャレンジしてくれて、もう最後はみんな諦めて、無防備のまま正面から滝に・・・ズブ濡れになりましたが、楽しい経験でしたね。

滝の宿命とは?

現在、世界遺産にも登録され、訪れる方みんなを驚愕させているイグアスの滝。

聞くところによると、滝の宿命なのでしょう。イグアスの滝の表面が削られ、上流に後退100年で30cmずつ)しているとのこと(BS番組では、もっともっと大きな後退幅だったような・・・)。

今すぐの課題とはいえませんが、将来的(ずいぶん先)にこの景観が維持できるのか?疑問視されているようです。

イグアスの滝へのアクセス

日本から南米へは直行便がありませんので、長旅になります。

・アルゼンチン側:

北米→ブエノスアイレス→プエルト・イグアス空港まで最速約35時間。さらに、プエルト・イグアスからバスで約30分。

・ブラジル側:

北米→サンパウロ→フォス・ド・イグアス空港まで最速約30時間。フォス・ド・イグアスからバスで約40分。





-サウスアメリカ(南米), 世界遺産
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マチュピチュの正体は何だったのか?/ ペルー

マチュ・ピチュ~奇跡の天空都市! 1911年にエール大学講師のハイラム・ビンガムがインカ時代の道路を探検していた時、偶然、草に覆われた廃墟に遭遇した。 それが、マチュピチュ遺跡。   今なら、クスコか …

ピラミッドは未だに解明されない謎だらけ!/ エジプト

世界史に興味のある方には、四大文明の中でもエジプト文明はピラミッド抜きで語ることはできません。  紀元前3000年(日本では縄文時代)のはるか昔、エジプトではその地にファラオ(王)を中心とした国家が生 …

ソウルの二つの宮殿(景福宮、昌徳宮)をはしご!/ 韓国

お隣の国、韓国。 歴史的な背景もあり、ある意味、「近いけれど遠い国」というイメージがあります。 しかし、ソウルへのアクセスは抜群で、もちろん、「○○に行きたい国」とかアンケートをとれば、ベスト5の常連 …

赤と青から見るイスタンブールの歴史!/ トルコ

東洋と西洋の十字路。 紀元前7世紀頃、ボスポラス海峡をはさむこの街はギリシア人によって築かれました。 ビュザンティウム、コンスタンティノープル(東ローマ帝国)、イスタンブール(オスマン・トルコ)と都市 …

グランド・キャニオンで20億年の歴史を感じる!/ アメリカ

大地に刻まれた歴史を感じる! アメリカ、華やかな人工都市ラスベガスの近郊。 グランド・キャニオン国立公園はコロラド川の流れが十数億年という長い年月をかけて作りだした大峡谷。世界で最も多くの化石が発見さ …