オセアニア 世界遺産

ウルルとカタ・ジユタで大自然に浸る!/ オーストラリア

投稿日:27/05/2017 更新日:

ウルル(エアーズロック)~孤高の赤い巨岩!

 

砂漠の真ん中に突如現れる世界最大級の一枚岩ウルル(エアーズロック)はオーストラリアのシンボル的存在。

何もない砂漠に、ポツンと佇む姿がなんとも不思議ですが、実際に間近で見る迫力は想像以上で、そのたたずまいと壮大さは圧巻です。

なお、ウルルは先住民族アボリジニにとって聖地であり、そこに住むアナヌー族が太古の昔から生活してきた「家」でもあるのです。

ちなみに、ウルルは高さ約350m、全長約3,400m。

地質学的には、地上に出ている部分は約6億年前に地下で形成された巨大な砂岩のほんの10%ほどと推定されるそうです。人間では太刀打ちできない大自然の力を改めて感じました。

ウルルの楽しみ方

ウルルには楽しみ方もいろいろ。

中でも、代表的なのはサンライズ&サンセット(ツアー)。

ウルルは時間の経過によってさまざまな表情を見せてくれるからです。

特に、神秘的なのは朝焼けと夕焼けの時間。朝日を浴びた岩肌は、光の加減でオレンジから燃え立つような赤へとゆっくりと移り変わっていきます。また、夕暮れ時はオレンジが徐々に濃くなり、深紅、紫、そして青へと次第にその色彩を変えていくのです。ウルルが繊細な表情を見せる特別なひとときを、ぜひとも目に焼き付けましょう。

さらに、ウルルへの登頂(約1時間)をオススメします。

登山前の儀式(脱帽と一礼)の後、途中までは鎖がありますが、後半は小刻みなアップダウンの繰り返し。ようやく山頂に着くと、遮るものは何もなく360度どこを見ても地平線。苦労して登った分、感激もひとしおです。

何万年もの間、歴史を刻んできたウルルは、訪れた旅行者に感動以上のものをきっと与えてくれるはずです。

カタ・ジュタ~地球が創った36もの奇岩!

ウルル(エアーズロック)から西へ約30km。ウルルと並ぶ観光のハイライトが、もうひとつのアボリジニの聖地、カタ・ジュタ

高い確率でウルルとセットで観光するパターンだと思いますが、けっこう見応えがありました(好みがありますが、私的にはこちらがメイン)。

カタ・ジュタはアボリジニの言葉で「たくさんの頭」を意味し、名前のとおり、36個の岩が集まった不可思議な表情を見せる場所。巨大な一枚岩のウルルとの対比は、まさに地球の壮大な歴史が創造したアート。

特に男性とっては神聖な場所で、現在も観光で許可されているエリア以外は、女性は立ち入ることができません。

カタ・ジュタには代表的な巨岩は4つありますが、中でも「マウント・オルガ」は高さ約500mとウルルより高く、角度によって姿を変える美しい巨岩。

カタ・ジュタの楽しみ方!

ここには、トレイルと呼ばれる奇岩群を内側から楽しめるウォーキング・コースがあり、ウルパ・ゴージ・ウォークは巨大なマウント・オルガを間近に感じる渓谷歩きです。

また、「風の谷」の名で知られるトレッキング・ルートを歩くのはオススメです。岩肌に隠れた遊歩道はまさに風の通り道。風の音がはるか昔にタイムスリップしたかのようで、悠久の歴史を感じることができます。

36の奇岩が集まるカタ・ジュタは、太陽の動きに合わせ刻一刻と生きもののように姿を変えていきます。地球の営みと気の遠くなる時間が創り上げた、まさに地球の芸術品といえるでしょう。

ウルル-カタ・ジュタ国立公園へのアクセス

日本からケアンズかシドニーまでの直行便があり、そこからエアーズロック空港に入るのが一般的。

所要時間:ケアンズから約2時間30分、シドニーからは約3時間30分。

エアーズロック空港からエアーズロックリゾート(3つのホテルとキャンプ場)までは無料シャトルバス。

アリススプリングス(ウルル近郊の街)からウルルまでのバス:約5時間。





-オセアニア, 世界遺産
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンコールワットはかつて忘れ去られていた!/ カンボジア

9世紀から15世紀にかけてインドシナ半島で繁栄したアンコール王朝。 かつての繁栄を物語る巨大遺跡群は、シャム軍の攻撃で王朝が滅ぼされると、次第に人々の記憶から忘れ去られてしまいます。 しかし、1860 …

エルサレム旧市街は三大宗教のカオスのまま!/ イスラエル

宗教・文化のるつぼ! エルサレムは紀元前1,000年頃に建国された古代イスラエル王国の都。現イスラエルも首都としていますが、国際連合をはじめ、多くの国家はそれを認めていないのが現状です。 約1km四方 …

なぜこの地にモン・サン・ミッシェルなのか?/ フランス

まるで海に浮かんでいるかのような修道院、それがモン・サン・ミッシェル。  「西洋の驚異」とまで言われています。 10世紀の修道院設立以来、この島はカトリックの巡礼地のひとつであり、1979年に、&#8 …

ギアナ高地は「失われた世界」なのか?/ ベネズエラ

南米北東部、カリブ海に接したベネズエラ。  アクセスに手間と時間がかかり、治安がお世辞にも良くありません。 訪れる勇気と冒険心を持った方だけにオススメします。  あなたが手間・ヒマをかけて、リスクを負 …

アクロポリスでアテネの歴史の重みを感じる!/ ギリシャ

アクロポリス~黄金時代を象徴する聖なる丘! ギリシャは政治や経済はもちろん、文学・演劇・彫刻・哲学など、あらゆる西欧文明の発祥の地。 紀元前8世紀に誕生した都市国家(ポリス)アテナイ(現アテネ)で、ギ …