ヨーロッパ 世界遺産

カッパドキアには地下都市があった!/ トルコ

投稿日:30/05/2017 更新日:

自然と信仰が生んだ世界唯一の奇岩!

アナトリア高原中央部、南北約50kmにわたってさまざまな見どころが点在するカッパドキアはトルコ屈指の観光スポット。

見渡す限りに広がるバラエティにとんだ奇妙な形の無数の岩は『妖精の煙突』として知られています。もちろん、世界遺産にもなっていますが、正式には「ギョレメ地方」と呼び、見てはならないものの意味なのだとか。

そもそも、カッパドキアの奇岩群は、約7000万年前火山の噴火によってできたと言われています。流れ出した溶岩が湖に沈みこみ、噴火が起きるたびに姿(形)を変えたのだとか。さらに堆積した火山大地が何万年という気の遠くなるような年月をかけ、雨に打たれ、川に浸食され、その中の柔らかい部分が削り取られて、このような変わった形になりました。

代表的なものとして、エセンテペにある3姉妹の岩」、パシャバーの「妖精の煙突」、デヴレントの「らくだ岩」は、絵はがきなどでもおなじみの風景です。

地下都市の摩訶不思議な光景!

カッパドキアには多くの地下都市があったことでも知られています。

まさに、謎の奇岩が無数にニョキニョキっと生えている。何も知らされず、いきなりここに連れてこられたら、どこか別の惑星に来たのか?と思わせる現実離れした感覚があります。形にしても、キノコ型だけでなくドーム型、とんがり型、丸みを帯びた形など、バラエティがあります。

なお、この地下都市の歴史は、 先史時代(ヒッタイトの時代)にまで遡るのだとか。当時から、ここの人々は地面や岩を掘って住居にしていたそうです。

3世紀頃、ローマ時代に迫害を逃れたキリスト教徒の修道士がここに移ってきて、岩窟にキリセという教会を作って住みつき、さらに地下都市を作って隠れ住んだのです。未だその数は分かりませんが、最大のものは21層で地下100m以上、4万人が暮らしていたとも言われています。

現在もこの不可思議な世界に人が暮らしていることに驚愕しました。

また、地下都市で最も有名なのがカイマクルとデリンクユ。地下都市での暮らしが公開されており、その様子を垣間見ることができます。地上の都市に暮らす私たちとは違う分、ロマンを掻き立てられます。

狭い通路を通って地下に降りていくと、換気口や水路などのインフラ以外に、教会なども確認され、実際の都市だったことがわかります。

例えば、洞窟内に敵の侵入を食い止める石型の罠まで・・・。また、調理時には煙が外に漏れないよう(ローマから追われる身)、煙を排出する時間帯にも気を配る必要があったのだとか。一例にすぎませんが、過酷な暮らしだったことがうかがえます。

他にも、アヴァノスの陶器工房やユルギュップの絨毯工場など、伝統工芸品や特産物にも見どころは多く、1日ですべて見て回るのは不可能です。

(できれば)名物の洞窟ホテルに泊まり、数日かけてでも、不思議の世界にどっぷり浸ってみるのもいいかもしれません。

オススメのアクティビティ

ぜひとも体験してほしいのがバルーン・ツアー。

そんなツアー、あるの?

あります!それなりの価格しますが・・・!

実際、気球に乗りましたが、カッパドキアの地を見下ろすと、たくさんのカラフルな気球と神秘的な奇岩群の光景が一面に広がっていました。もし体験すれば、あなたの人生観までも変わってしまうかもしれません。

なお、いくつもバルーン会社がありますが、後で泣きを見ないためにも、決める時にはくれぐれも慎重に。

最後に・・・

現在、トルコはテロ等の影響で情勢が不安定ですが、 安定すれば再度訪れたい場所のひとつです。

カッパドキアへのアクセス

成田、関西空港からイスタンブールのアタテュルク国際空港まで、ターキッシュ・エアラインズの直行便で約13時間。

そこを経由して、カイセリ空港まで約1時間30分。

カイセリ空港からカッパドキアまでバスで約1時間30分。





-ヨーロッパ, 世界遺産
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベネチアは海に沈んでしまうのか?/ イタリア

ベネチア~人工の浮島に築かれた水の都! 「水の都」、「アドリア海の真珠」とか、呼び方はいろいろ。 映画『ベニスに死す』の舞台であるリド島、レース編みで名高いブラーノ島など、周辺の島々も合わせ、街全体が …

秦の始皇帝の歴史ロマンをたどる!/ 中国

万里の長城~他民族侵入を阻止する砦! 「行ってみたい世界遺産」のアンケートで、必ず上位にランキングされる万里の長城。 いわば、中国広しといえども、最大の名所なのです。 もちろん、世界文化遺産にも登録さ …

チチェン・イッツアはマヤ文明の夢の跡!/ メキシコ

謎に包まれたマヤ文明の夢の跡! 中米で最も有名なマヤ文明の世界遺産であるチチェン・イッツァ。 それは、メキシコ・ユカタン半島の密林地帯にあるマヤ文明最大の都市遺跡。広大なジャングルの中に戦士の神殿、天 …

紫禁城はラスト・エンペラーの世界!/ 中国

紫禁城~中華世界の中心! 北京の紫禁城(現在は故宮博物院)。 明・清と続く中国の皇帝の富と権力がどれほどのものであったのかを現世に伝える貴重な文化遺産です。 紫禁城は明の永楽帝が1406年から14年の …

マチュピチュの正体は何だったのか?/ ペルー

マチュ・ピチュ~奇跡の天空都市! 1911年にエール大学講師のハイラム・ビンガムがインカ時代の道路を探検していた時、偶然、草に覆われた廃墟に遭遇した。 それが、マチュピチュ遺跡。   今なら、クスコか …